診療時間変更、往診案内、地域猫ケアー、セカンドオピニオン等のお知らせ

★診療時間変更のお知らせ (日曜日&祝日: 9:00〜12:00) 

・11月16日(金曜日) 午後休診

・11月17日(土曜日)、18日(日曜日) 休診

・11月19日(月曜日) 午前中休診午後は平常通り


★在宅医療、往診医療のご案内 

  飼い主様のライフスタイルの多様化で、若い飼い主様は病院に連れていく時間が作れない、ご高齢の飼い主様は連れていくための自動車の手配が難しいなど、厳しい地方都市の実情があります。当院は、通常診療に加え時間外診療の充実を行ったから今年2018年1月で早3年になります。自宅での終末期医療を行っている動物や、通常診療時間に連れて行けない動物の予防注射や健診、内科治療などをご希望の方はお力になれるかもしれませんので、一度連絡ください。飼い主様の納得のいくまで幅広い動物医療を提供いたします。


★女性スタッフ募集 (現在は行っていません)

 

★地域猫ケアー                             

 飼い主のいない猫に対して、病気や怪我をした猫のお世話をしている優しい方への応援をしています。初診料は頂きますが、可能な限りの短期間の通院治療や薬の提供を無償で行っております。その場合の、治療方針は当院に一任させていただきます。治療方法に希望がある場合は、連れてきた方のご負担になります。地域猫ケアーは、時間外診療では適応になりません。


★セカンド・オピニオンの受付

 咳(せき)をして動物病院へ行ったら、レントゲン検査もしないで心臓が悪いと言われたり、聴診で心雑音があると言われて、他の検査もなく、すぐに投薬治療をされている動物は少なくありません。通常は、人間と同じように心臓のどこが、どのくらい異常であるかを診断してから治療に移ります。犬の慢性弁膜性疾患、猫の心筋症(肥大型、拘束型、拡張型、その他)、先天性の心臓病など、心膜疾患など人間と同じく少しでも正確な診断をして治療するのが本来の動物医療です。心臓病に対する知識が不足している動物病院で、不完全な検査をされて、間違った治療をされている方を見ると、とっても悲しい気持ちになります(継続した訓練をして、謙虚な気持ちで動物と向き合う獣医師を見つけてください)。

 心臓病以外にも、なかなか良くならない下痢・嘔吐(吐き気)、10歳を超えたら年だから手術できないと言われた、慢性腎臓疾患の猫、肝臓腫瘍、胆嚢粘液嚢腫や胆管炎などの胆道疾患など、かかりつけ医で、今後の治療方針を示されないで薬だけをもらっている人は少なくありません。確かに治療が困難な病気はありますが、治るものもあります。治らなくても少しでも長く一緒に居られる手段はあるものです。

 諦めきれない方は勇気を出してご来院ください・・・お待ちしております。