院長:松本 英樹

709-.jpg

ホームページをご覧頂きありがとうございます。この地で開院したのが1996年、大学卒業後は小動物医療一筋に研鑽してまいりました。優れた師匠、先輩のもとでその素晴らしい手術に数多く立ち会い、著名な研究所、大学で臨床研究を行ってきました(獣医学博士の学位取得)。動物医療に対する真摯な姿勢で、地方都市で暮らす動物にも適切な獣医療を提供できるように日々精進しております。私の信念は、「可能な限り正確な診断をして、その上で的確な治療を行うこと」です。往々にして省略しがちな検査も、愚直な姿勢でしっかり行うことに勤めています。検査らしい検査をしないで、偽りの病名を決めるようなことは極力しないように心がけています。したがって、動物の状態を診て(体温測定、体重測定、聴診、触診など)、飼い主さんの治療予算をお聞きして(治療に予算の制限のある場合は必ず申し出てください)、必要な検査(少なくとも最低限はします)をした上で診断、治療を行います。診察前に予算がある場合は遠慮なく言ってください。

 「○○だから手術・治療は出来ない」と言われたと駆け込んで来る方が最近特に多くなったように思いますが、当院の方針は一貫して「どうしたら助けられるか」を一心に考え・実行する動物医療を理想にしています。私が出来ないことは、専門とする獣医師(施設)へ紹介します。   

(座右の銘)愚直の一念


【略歴】
1963年 シャクシャインの戦いの地、長万部町国縫に生まれる

1982年 函館東高等学校卒業

1986年 帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業

1988年 帯広畜産大学大学院修士課程(獣医学専攻)修了
          卒業後は3年間の一般動物病院勤務の後、鳥取県の動物臨床医学研究所等に勤務、東京農工大学で共同研究

1996年 まつもと動物病院 (函館市桔梗) 開業
2004年 獣医学博士(岐阜大学) 


【所属学会】
(公益財団)動物臨床医学会、日本獣医循環器学会、獣医麻酔外科学会、メープル小動物臨床検討会、日本獣医師会会員。日本獣医がん学会会員、日本獣医腎泌尿器学会会員


【主な賞罰】
平成 4年 9月27日 日本小動物獣医学会(中国)で地区学会長賞受賞
平成11年11月20日 動物臨床医学会でアニマルクリニカルリサ・チファンデ・ションアワード受賞
平成12年 8月24日 日本小動物獣医学会(北海道)で北海道獣医師会長賞受賞
平成18年 6月24日 獣医麻酔外科学会優秀論文賞(2005年度)受賞